読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国語暦四年目の上海留学

2017/2-2018/1復旦大学文化社会班。中国とわたしのあれこれ

上海留学

三か月が経ちました

上海に来てまるまる三か月が経ちました。 信じられないほど書くこと、アウトプットすることから逃げ続けているのですが、今日ばかりは節目としてブログに向き合うことにします… この一か月は、東南アジアという『海外』に出て、この中国という大きな国を、中…

香港から来た“留学生”と仲良くなった話

先週末、仲良くなった香港人の女の子とその友達と一緒に、大学の近くにある日本料理を食べに行きました。 桃屋(政民路店)电话,地址(图)-上海-大众点评网 ここ、復旦大学の日本人留学生には有名な日本食レストランで、結構安くて味は悪くはないかなって感じで…

21歳になりました

先週の金曜日の記事から時間が経ってしまいました。江蘇省への小旅行はすごく楽しかったです。 さて、私事では有りますが昨日やっと21歳になることができました。お祝いのことばをくださったみなさん、いつもブログを読んでくださっているみなさん、本当にあ…

留学中病気になったらどうするのかという話

先週から風邪を引いてて、空気汚染でこじらせたり火鍋を食べたりお酒を飲んだりして、昨日完全に声が出なくなりました。 とりあえず昨日、いまさらですがマスクを買いました。 黒いマスクは個人的には中国人っぽいと思ったけど、韓国人も多くつけているよう…

一か月が経ちました

今日のひみ以食为天 ▲いちご 学生寮を出たところ(武东路じゃないほう)にファミマとかコピー屋さんが並んでいる学生向けの通りがあって、果物屋さんがあるんですけど、おいしそうないちごがたくさん売っていたので思わず立ち止まってしまいました。右から、…

中国縦断旅行の回想とこれからの中国について思うこと

そういえば、去年の今頃は中国を縦断しおわったのを思い出しました。 160310 中国を縦断しおえました - memeda 黒竜江大学のお迎えを横目に見ながら(その日、その時間をめがけて飛行機のチケットを取ったのであのせまいハルビンの空港で目にしてしまったの…

ご飯のこと、料理油のこと、居留申請のこと

・今日のひみ以食为留学 食堂の小籠包が四元で食べられることは、中国の物価の安さに感謝をしなければいけない理由の一つだと思います。 昼ごはん、これで八元くらい。最近ご飯の量を変えられることを知りました。「两」という単位を使います。これは中国語…

2/27〜3/5相田みつを语录と留学二週間目を終えてと三月になりました

27号的相田みつを语录日语“批判はしたけれど自分にできるだろうか”英语“It is easy to criticize others,but it is also important to ask myself whether I can do that."汉语(自己翻译)”你会批评他,可是反正你你办得到吗?” 28号的相田みつを语录日语"…

ひみは食を以って留学と為す

今日は某食品メーカーの上海支社で働いている知り合いの日本人の方と、その同僚の方たちに夜ご飯をごちそうになりました。 私がまだ上海に慣れてないため、わざわざ虹橋のほうからこんな辺鄙なところまで来てくださいました… こんなとこにミシュラン一つ星の…

村上春樹『騎士団長殺し』を受け取るまで

月曜日から授業が始まりました。 時間割はこんな感じで、案外午後に詰まっているので楽かと思いきや、午前にも用事があるためちょっと大変です。健康的な生活をしています。 今週はかわいい後輩が遊びに来たり、神戸にいるときに知り合って今は上海で働いて…

相田みつをの中国訳をしてみる

お願いいたします。 にほんブログ村 今日で留学に来て一週間になる。 と言ってもこの一週間はひたすらに環境を整えることと戦っていた。 月曜日から、やっと授業が始まります。 自分にとって書くという行為は、小さいころ(母が小学校に入学する直前のわたし…

享受できない便利は即ち不便

午前中やっと学費の支払いを終える。上海に来て四日目、環境は着々と整えられていると感じる。午後はこっちに来て初めて日本人の知り合いの人に会って買い物を手伝ってもらったり道案内をしてもらった。 これで洗濯ができる。ずっと天気が悪くベランダも汚い…

環境を整えることとの戦い二回戦

三日目 2017.2.21 #食堂飯 早起きして食堂に朝ご飯を食べに行くという初の試み。ちなみに朝6時半から開いています。慣れていかなきゃいけないから積極的にいろいろやってみようと思っている。中国では食堂でご飯を食べるためにみんなプリペイド式のカードを…

いざ、上海留学

2017年2月19日より2018年1月15日まで上海にある復旦大学という大学で勉強してきます。 中国学科に入ってから、私の中国への関心を高めるのには十分すぎるほど、いろんな経験をしました。 日々の中国語学習、三年間の中国語劇の活動、ゼミでの中国文学研究、…