散文と中文

神戸市外大中国学科卒業。復旦大学国際交流学院留学。中国語と中国と共に生きる自称エッセイスト。

備忘録:24歳から25歳へ

 

3月29日に25歳になり、社会人2年目が終わりました。

早生まれってややこやしい、といつも思っています。歳を言う必要がある時は「95年の代」と言ったり数え年で「25歳」と言ったりしていたので、やっと本当に25歳になったんだ、と少し感慨深いです。

「年齢なんてただの数字でしかない」とどこかの女優さんが言ったりもしていますが、いちおう世間では「人生の節目」だとか「アラサー突入」だとか言われているそうで、伸ばし伸ばしにしていた恒例の振り返りをしようと思います。

rishizi.hatenablog.com

 ちなみに、これは去年誕生日に書いた文章です。疫病が少しずつ日本や世界を蝕みつつある時だったのかなと思うのだけど、それにしても若いし無敵な感じ。一年という時間が与える重みを感じます。

 

目次

 

24歳という一年

2020年という一年は、もしかしたらそう多くの人がそうであるかのように、ひどい一年でした。年女なので、頑張ろう!絶対いい一年になる!と意気込んでいたのですが、そうはうまくいかなかったな、という年だった。去年の後半くらいに気分が落ち込んでいた時期があって、中国人の友人に相談すると「中国では年女ってあんまりいい一年じゃないんだよ」と言われ、あ、そうなんだ、と思ってそれからはまぁそういう一年もあるよね、って。都合の良い生き物、それが人間です。

j.people.com.cn

 今からちょうど一年前くらい、大自炊時代の到来により、某市場に日曜日の朝からいそいそと買い出しに出かけておうち焼肉、おうち寿司、おうち餃子(皮から)、炊飯器で豚の角煮、おうちお菓子作りなどを飽きることなくローテーションしている時期もありました。思えば24歳の誕生日も家で敬愛する糸井重里氏の"イベントう"(関西Ver.)をしました。

ほぼ日刊イトイ新聞 - イべんとう

また、去年からなんとSwitchをちょこちょこやるようになりました。ゲームといえば幼き頃にポケモン太鼓の達人くらいしかやりこんだ記憶しかなくて、無人島で家を立てたり経験を整備したりするゲームや、全国津々浦々を悪い人に憑かれないようにしつつ時には荒稼ぎしながら電車に乗るゲームを生まれて初めて遊んでいます。通信のお誘いはいつでもお待ちしています。

毎年幸せな誕生日ウイーク

あんまり連絡していなかった色々な人から連絡をいただけたり、大好きな親友と彼氏からお祝いしてもらったりしました。

f:id:rishizi:20210410145747j:plain

誕生日が桜開花期間だというのは本州に来てから初めて気づいたこと。オールドレンズに悪戦苦闘しながら写真を撮ったりしています。

f:id:rishizi:20210418221928j:plain

f:id:rishizi:20210418222023j:plain

f:id:rishizi:20210410145710j:plain

今年の誕生日ディナーと誕生日ジン。ここのランチの坦々まぜそばが美味し過ぎて通っているのだけど、夜も美味しかった。

f:id:rishizi:20210418220524j:plain

tabelog.com

f:id:rishizi:20210418220717j:plain

恋愛について

インスタでよく投稿したりしていますが、私の考えていることがだいたいわかる一心同体の彼氏と仲良く愉快に日々を過ごして六年目になりました。これからも変わらず仲良く愉快に日々を過ごしたいと思います。

中国との関わり

コンテンツについて。動画を作ってはやめたり、モーメンツになにか書こうとしてはやめたり、ライブ配信を試みたりしていますが、中国への発信がなかなか続いていません。日本情報発信ブロガーなんて今では掃いて捨てるほどいて、すでにレッドオーシャンです。中国SNSをいじることは仕事をするうえでの勉強にもつながってくるので、趣味の範囲でちょっとずついじっていきたいです。

翻訳について。たまに日⇨中のエンタメ動画字幕翻訳をしたりしています。翻訳で食べていけるようになればすごく理想的ではあるけれど、今のところは副業的な立ち位置でしかないなぁ。

ドラマについて。旅行に行けない今、中国ドラマが私の中国エキス吸収もとです。今は刘涛が主演の《陪你一起长大》という、小学校入学前の子どもの教育にまつわるドタバタ親子コメディハートフルドラマを見たりしています。

ドラマではないけど、《创造营2021》は見よう見ようと思ってちょびっとしか見ていない。

 酔い生活

クラフトビールも相変わらず好きですが、最近はもっぱらジンにはまっています。ジャパニーズクラフトジンの先駆者とも言われている京都の「季の美」のお店にも行ってみたり。

f:id:rishizi:20210410150220j:plain

f:id:rishizi:20210410145851j:plain

いわゆる「行きつけのバー」ができたことも24歳のハッピーな出来事の一つです。最近は疫病と極端な時短営業のせいでなかなか行けていなかったりしますが…。ここはクラフトビールとジンとウイスキーのバーで、好きなジンの系統がなかなか定まっていない私に刺さりそうなジンを、"ジンの大喜利"と称して出してくれる素敵な店主さん。中崎町駅が最寄りなので、お近くにお越しの際はぜひ。

25歳の抱負

出会ってきた言葉の中で、特に25歳という一年のなかで大切にしたい言葉がいくつかあるので抱負としてここに記します。

一つ目は、敬愛する作家の一人である辻仁成さんの「スーパーポジティブ十ヶ条」。未来の見えない中で、どれだけ前を見て、なりたい自分に向かってぶれずにひたむきに生きていけるか。

二つ目は、前職の「仕事がうまくいく作法」として伝えられていた9条の中から。

  • 仕事は合意することから始める。組織における怒りや悲しみの90%以上は、合意されていない期待から起きる。
  • 物事の本質を見つけたければ、“なぜ”を繰り返し、問題ドライバーを見つける。
  • 指示は絶対。意思決定されたら、合意していなくても自分が決めたことのように業務を遂行する。
  • できない理由でなく、できる方法を考える。できない理由は、誰でも思いつくことであり、私達はできないことをやりたい。

最近は、グロービスMBAクリティカル・シンキング[改訂3版]を読んでいて、問題の本質を捉えてそれをスムーズなコミュニケーションで相手と共有したり自分の望む行動を相手にとってもらったりできるようなトレーニングをしたりもしています。

 

ぬるりと始まってしまった25歳ですが、24歳よりも、より美しく、より酔く、シュッとした大人になれるように毎日継続できることをコツコツと続けていきたいです。

25歳の私もどうぞよろしくお願いいたします。

日記:引きの良さ

お昼に何を食べようかなぁ、パンが食べたいけどこのへんにあるかなぁと思って歩いていたら、タイミングよくパン屋さんを見つけて入った。ごぼうサラダパンと、クランベリークリームチーズのカンパーニュを買ったら非常に美味しかった。

レジ横のショップカードに食べログ百名店と書いていたのをちらっと見て、おお〜!ラッキー!

よい店を見つける嗅覚のようなものがあるとするならば、私は結構持っている方なのかなーって思ったりします。お店の名前とか、外観内観とかメニューで雰囲気を察知する能力。

 

カンテ・グランデ ベーカリー
050-5596-0339
大阪府大阪市北区中津1-12-11 メロディーハイム中津二番館 1F
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27005149/

 

 

ちょっぴり宣伝:翻訳に携わった本が出版されました

思えば遡ること昨年夏。ご縁があって中国で出版されていたチベット旅行記を翻訳することになりました。後輩3人と中国人の友人の担当者と、特有の固有名詞に頭を悩ませながら、なんとか形にしたのが今年の春先だったかな…(校正とか丸投げで気付いたら終わっていたというのが事実ですが。。。。。汗)

やっと先日、Amazonにて販売が開始しました!!!!!

www.amazon.co.jp

 

f:id:rishizi:20201115145747j:plain

f:id:rishizi:20201115145923j:plain

上海在住だった作者が、青蔵(青海チベット)鉄道に乗ってチベットに行き、愉快な人たちに出会ったり気ままに観光地を巡ったりする中での記録を文字とかわいいイラストで描いた"絵日記"になっていて、チベットへの憧れを膨らませながら知識を学ぶこともできる本になっています。かなり読みやすいので、ぜひ!

旅行の準備から始まって、高原病対策や青蔵鉄道の中のこと、いろいろなお寺や礼拝の方法まで書かれているのでこれを読めばチベット旅行の準備もバッチリ。笑

※ちなみに、中国大陸への旅行は15日以内であればビザは不要ですが、チベットへ行くためには専門の許可書が必要です。しばらくは行けなさそうですが、いつかは行ってみたい。

チベット自治区へ行くには入蔵証(入域許可書)が必要です。そして入蔵証を取得するためには、 現地ホテル+送迎車+ガイドなどを、政府に認可された旅行会社を通して手配し、 日程やお客様のお名前などを申請しなければいけません。

参考:チベットの旅入門|特集|西遊旅行

ちなみにこちらがもとの中国語版です。やっぱり中国の本、安い…笑

book.douban.com

 

最近は学生の時に比べて翻訳のアルバイトなどもできていないのですが、ことばそのものに触れることというのは外国語大学を卒業した学生として根本にあるものなので、ちょこちょこやっていけたらいいなぁと思っています。

日記:最近のこと


すっかり秋ですが、皆さまいかがお過ごしですか?
くだらない文章をつらつらと書くことに定評がある?けど、最近あんまりお気持ちを表明していなかったのでちょっとだけ書いたりしてみます。

私の最近はというと、比較的穏やかな生活を送っていて、いくつか新しいお気に入りのものや場所(とりわけ中崎町のバー)を見つけたり、新しい時間の過ごし方(またちょっとずつ中国SNSに向き合い始めている)を取り入れたりしているほかはわりと淡々と日々を過ごしています。

f:id:rishizi:20201026162306j:image

あんまりうまくいかないなと思う時期があったりしていたら、どうやら今年は“本命年”(中国の厄年)だと言うことです。日本では年女ってけっこう縁起がいいイメージもあるけど、中国では自分の生まれた干支が厄年になるみたいで、日本の厄年とはちょっと違う。


とにかく、今年が始まる頃から「年女だから頑張ろう、、」と意気込んだりしていたけど、中国ではどうやらそうではないらしい。無事に一年をすごすことができるだけで儲けもんだったりするみたいです。おまえ日本人だろ、って感じだけど、まぁ都合の良いように考えるのがいいよね。

 

今まではずっと変化を起こすこと、変化が起きること、変化が起きそうなときに前髪のないチャンスの神様をしっかりとらえることが最も大事だとばっかり思っていた。特に大学のときなんかも一年ごとに環境や目の前のことが目まぐるしく変わったり、去年も転職して新しい環境に…と、変化を起こしている自分サイコー!みたいな感じだったけど、今年は文字通り“静観其変”の一年で、もどかしさを感じて気分がズーンと落ち込んだりしたときもありました。でも、きっと多分人にはたくわえる時期というものがあって、海の底のような場所で虎視眈々と?チャンスを狙っていたり、冬眠のように栄養を蓄えているのだと思います。今がそんな時期でありたいと思う。明けない夜はないらしい。

 

えーっと、、、たまに大きい会社に入ってバリバリのキャリアウーマンとやらになりたかったと思うときもありますが、現実は先輩にコテンパンにやられながらもゆるゆるとのびのびと企画をしたりしています。人はなりたい自分になるので、最終的なゴールがあれば大丈夫だったりするらしい。

 

大阪の北区には、天満も中崎町天六もあります。活気があって、漂流したよそものにも優しくて、ご飯が美味しくて今まで住んできたなかでいちばん大好きな街です。最近はとくに大阪都構想でワーワー言っています。

f:id:rishizi:20201026162233j:image
天六交差点の安くて美味しいたこ焼き屋さん、天満の気張らないけどちょっとよいカウンターのお寿司屋さん、天満のコスパ最高のお寿司屋さん、数々のビール屋さん、梅田のお好み焼き屋さん、数々のラーメン名店とうどん名店、サウナ付きの銭湯。中崎町の、まだ行けていないデカ盛りモーニング。自分が選んだ環境と与えられた環境のなかで、好きな人たちを大切にして地に足をつけて引き続き生きてゆきたい〜です。

大阪本格中国料理:WeChatミニプログラムで出前注文!

中国留学や駐在から帰ってきて久しく、中国の料理が恋しくて恋しくてしょうがない人!朗報です!大阪じゅう(といっても、全部中央区に集中しているのですが…)の中国料理屋さん一覧をゲットしました!(笑)※一番下までスクロールするとあります。

 もとはと言うと、RED(小紅書)に掲載されていた、米粉(ミーフェン、ライスヌードル)のお店をみたことがきっかけでした。

f:id:rishizi:20201017125119p:plain

このお店は大阪にあるみたいなのですが、どうやら実店舗がなく出前のみ受け付けている模様。連絡してみたところ、ミニプログラムがあるということがわかりました。(ちなみにREDはあからさまな宣伝活動をあまり推奨していないため、投稿文・写真ともにURLやQRコード、WeChat IDと明記して記載などができないようで、DMにてこそこそと連絡先を交換する必要があります)

f:id:rishizi:20201017130049p:plain

▼ミニプログラム

f:id:rishizi:20201017130552p:plain

▼ミニプログラムコード(WeChatで読み込むと表示されます)

f:id:rishizi:20201017130418j:plain
最近見つけたばかりでまだ実際に注文できていないのですが、注文する流れは多分このミニプログラム上でお店とメニューを決めてから、掲載されている担当者のWeChatを追加して、実際の注文はWeChat上でするようです。便利なのか便利じゃないのかよくわからない!笑 

※備考:REDやミニプログラムの説明についてはどこの代理店も似たようなことを書いているので適当に拝借…。一言で言うとREDは中国版インスタ、ミニプログラムはアプリ内アプリのこと。

thebridge.jp

diamond.jp

 ちなみに、このサービス、最初これウーバーイーツとかディディフードみたいな感じでいわゆる「外卖」の一種だと思っていたのですが、どうやら厳密な定義は「跑腿」のようで…36krのこの日本語の説明がいちばんわかりやすかったので、拝借。まぁ似たようなものっぽい。

「跑腿(使い走り)」サービスを開始した。積み合わせ配送をせず、すぐに送り主のところに駆けつけられる手すきの配送員が直接届け先まで荷物を運ぶサービス。(36kr)

36kr.jp

▼Weibo上の関西地区グルメオープンチャット

f:id:rishizi:20201017133411p:plain

▼わかるようでわからない説明…笑

f:id:rishizi:20201017133545j:plain

そして、ここからが大阪市中央区にある本格中華料理一覧です。興味がある人はぜひ行ってみてください。笑

=============================
1、屯舍的麻辣烫
2、友茶—奶茶专门店
3、よし云南料理
4、煎饼侠的煎饼,鸭血粉丝&周黑鸭
5、望湘楼——麻辣拌、烧烤、炒菜
6、龙马园—特色酸菜鱼、水煮鱼、烤鱼、炒海鲜、烧烤
7、上海老味道-豆浆油条豆腐脑
8、麻辣江湖—正宗川菜
9、TapiLand中国台湾奶茶肯德基汉堡
10、人人饺子城-现包水饺、延吉冷面、东北炒菜
11、香元葱油饼早餐开始
12、周记兰州牛肉面(难波总店)大盘鸡,羊肉串,炒面,拌面、凉面
13、稻香居-烧烤、活海鲜、炒菜
14、刀削面
15、骨里香熟食&周黑鸭
16、大东北(日本桥总店)纸包鱼,烤鱼,手抓海鲜,东北菜,川菜
17、黄焖鸡米饭(日本桥店)
18、恒源中华料理—炖菜套餐
19、遇见烘培的蛋黄酥,肉松面包
20、鄭記重庆小面.武汉鸭脖
21、万福园的烧烤,炒菜
22、大宇味道—烧烤专门店
23、鑫盛源中华物产店
24、盛满园
25、茶里查里奶茶店
26、友局儿音乐烤吧—海鲜大咖、烧烤、炒菜
27、兰州拉面(宗右衛門)我
28、コッテジ心斎橋店—韩国料理便当、炸鸡
29、醉东北—-炒菜、烤鱼
30、蜀味天下—麻辣烫、火锅店
31、张记老汤骨头馆—烧烤、酱大骨
32、盛兴顺铁锅炖—炒菜
33、小谷姐姐麻辣烫
34、堃記(水饺 油鸡饭 港式奶茶)
35、蜀小龙—川菜、冒菜、火锅
36、甘菓手工烘培—甜品
37、四川料理 真味
38、万穗屋(心斋桥店)—老北京火锅、羊蝎子锅
39、苏阁鲜茶
40、味の源麻辣烫
41、聚点烤鱼—烤鱼、炒菜、重庆菜
42、オトト水産 蒜蓉粉丝扇贝/生蚝
43、大舌头麻辣烫
44、パンダ堂甜品
45、小尹哥麻辣海鲜
46、孙さん家—特大小龙虾
47、爱秋麻辣烫
48、兰州牛肉面(日本桥店)
49、新新品味居
50、家の味水饺-特色鲅鱼馅水饺
51、玉华园
52、怪物米线麻辣烫
53、吴记熟食物产—大国町
54、李家风饺子房
55、恬茶奶茶
56、超能煎饼侠
57、艳家
58、海底捞
59、蜀汉
60、晓食月饼
61、万隆水果、恶魔汉堡鸡排
62、江西米粉

============================= 

58、海底捞 もあったり、8、麻辣江湖とかは四川人の方がおすすめ!って言ってました。10、人人饺子城はこの前食べに行ったけど、餃子の種類が多くて楽しい感じでした。

f:id:rishizi:20201017132405j:plain

f:id:rishizi:20201017132438j:plain

f:id:rishizi:20201017132333j:plain

▼出前は、実質、配送費が結構高いので、

f:id:rishizi:20201017133025j:plain

中央区とか天王寺?とかに住んでる人が利用しやすいんじゃないかな〜と思います。それかやっぱり人数多い時にパーティするとか。

このミニプログラムの利用方法として、全然もともとの趣旨とは異なるのだけど、大阪のコテコテ中華料理(というか中国料理)が食べたくなったときに情報収集する食べログとして利用するのがよさそう〜。

中国を味わいたいけれど中国に行けないので、日本のなかの中国を探したいと言うときには、やっぱり、在日中国人の方々の情報網をたどるべき。蛇の道は蛇、餅は餅屋で本当にいろんな情報を持ってはります。引き続きREDやWeiboで情報収集に励む次第です。

f:id:rishizi:20201017124428j:plain

8月に出前をとって食べた小龙虾(ざりがに)

日記:今更、HSK6級に合格した話

タイトルの通りです。

でも、HSK6級にどうしたら受かるか?!とかではないので、ごめんなさい・・

f:id:rishizi:20200820215225j:plain

 

今年7月にHSK6級を受けて、先日その結果が出ました。300点中265点、パーセンテージにして88%。

f:id:rishizi:20200820212352j:image

 いや、ていうか中国語専攻じゃないの?1年語学留学してたんじゃないの?取れて当たり前じゃないの?と思う方。おっしゃる通りです。多分、ポケモンで言うと野生のコイキングをレベル100のレックウザで倒す感じです(私の中国語がレベル100のレックウザ相当かどうかはさておき)。なので、自慢したいけど全然自慢になりません。

 

大学3年生の春、留学に行っていない段階で6級を受けて6割でぎりぎり合格しており、そこからは受け直すのも面倒で、留学の申請も就活も(転職も)一応それで通していました。

じゃあ大学も卒業したのにここにきてなぜ受けたかというと、HSKがあれば試験の一部が免除になるという資格試験を受けたいと思っているのですが、どうやら証明書をなくしたうえ、再発行に必要な当時の受験番号も全く見当たらなかったから・・という悲しい理由からです。

 

試験対策に関しては、模擬試験を2回解いて(しかもそのうち1回は写作をすっ飛ばした)、単語帳をパラパラしたりしました。

公式過去問題集は高すぎて買うのも馬鹿馬鹿しかったので、今回初めて「汉语考试服务网」というHSKの中国語公式サイトで模擬試験を受けてみました。

http://  http://www.chinesetest.cn/gosimexam.do
ここから、ユーザー登録したりして1回20元で受けることができます。WeChat Payが必要なので、ここもまた口座を解約したりWeChatアカウントを変えたりでできないよーという人がいるかもしれないけど。

opqr.info

大学の図書館で問題集が借り放題だった頃が懐かしい。近くの図書館に行ったけど中国語の棚がほぼなにもなかった。そのわりになぜか中国語のへんな原書が置いてあったりする。

 

さて。

高い受験料を払ったかいのある結果が出て、ちょっとほっとした部分はあります。中国語を勉強しはじめて7年目、もう7年にもなるんだなぁって思うけど、無駄ではなかったのかなという思いです。語学のスキルは、たかだか300点満点のスコアで測られるものではないにせよ。

でも、それと同時に改めて中国語以外のスキルがどんどん必要になってきたというか、もう中国語のうまさでマウントを取れる時代は完全に過ぎてしまって(というかそんな時代があったのかどうかも不明)、我ながら老害だなぁと思いながら書いています。

たぶん、周りが商社だとかメーカー海外営業だとか物流だとかいかにもザ・外大みたいな就職先に行って、駐在や海外出張を目指して新しいことをたくさん吸収しながらキラキラ社会人生活を送っている中で、中国語に拘って泥臭く(と言ったら今の会社にすごく失礼だけど)生きている自分がたまに厭になるというか、信じられなくなったりすることがある。

そんな中、先日、コテコテの大阪人?の人生の大先輩から「(大企業に行ってまとまってしまう人より)今は中途半端だけど、そっちのほうが面白いと思うよ」というお言葉をいただいて、ハッとした。いつまでも、まとまらず、好きなことを追求して、たゆまずに、前を向いて地に足をつけて歩き続ける。

 

最近は、例の流行の中国ドラマ『三十而已』をせっせと観ています。大学生の時に『欢乐颂』とか『我的前半生』を観て、キャッキャしたり、強くなりたいと思ったりしていたけど、今は自分が三十歳になったときのことを考えて、どうすれば成熟できるのかなぁと考えているところです。名台詞が多くて、見所もたくさんなので、観終わったらまた感想ブログをかけたらいいな。中国ドラマのなかで、この手の都市生活ジャンルが一番好き。二十四而已。

j.people.com.cn

 

あと、HSKの試験監督をぜひやってみたいと思っているのだけど、一定以上の点数を取った人に通知がくるのかな?いつかできるといいな。

 

大阪の中の中国:大阪・門真南に現れる中国朝市

コロナ禍で海外旅行に行くことが難しい中、中国に行きたい欲が止まらない物好き(失礼)のみなさん必訪の、中国朝市。屋台が出ているのが日曜日限定ということで、先週末に中国語は全く話せないけど中国の鉄道にやたら詳しい人と一緒に行ってきました。朝7:15集合なのに、7時に起きてごめんなさい。

 

  • まずはこれを見ろ!(?) 

f:id:rishizi:20200817225118p:plain

このWeiboを見たのがきっかけ

Weiboの大阪在住ブロガーの中国人の方がいるのですが、その方の投稿を見ててたまたま見つけたこの場所。正直言って、この投稿にすべての情報がまとめられていると言っても過言ではないので、中国語がわかる方はもう正直この下は読まなくてもいいです。。。笑

icoico.jp

このブログもまとまっていてわかりやすいけど、私が行った時は羊肉串が見当たらなかった。

 

  • アクセス

okan-meshi.hatenablog.com

細かい行き方は上のブログを参照にしていただければ、と思いますが、大阪メトロ鶴見緑地線 終点 門真南にあります。

門真南駅から徒歩で15分位で、Google マップで「華龍貿易(有)」とか「大阪ふくちゃんラーメン鶴見店」と目的地を設定するのがいいかもしれません。1てくてく歩いていくとがやがや賑わっているのが分かるので、すぐに見つかると思います。

 

 

  • 食べたもの

①油条(50円/1個)

f:id:rishizi:20200818132503j:image

 

②煎饼果子(400円/1個)

f:id:rishizi:20200817232350p:plain

 

③猪肉馅饼(200円/1個)

f:id:rishizi:20200817231902j:plain

 

他にもいろいろあって、豆腐脑とか包子とかが屋台で売ってるほか、いわゆる中華物産店があって猪蹄とか猪耳とか鸡手とかもぶん投げられています。砂糖入り緑茶とか、ビーフンとかお茶とかも。

 

  • おまけ

ちなみに今回、事前に中国人の友人に「あの朝市、僕前行ったとき油条を食べてお腹壊したんだよね。油が汚いのかも、行かない方がいいよ」と忠告されたのにもかかわらず、同行した人が「油条が食べたいから行く」と聞かず、行くことになりました。結局二人ともお腹を壊さなかったのでよかった。

 

同行した人は油条(中国式揚げパン)が大好物にもかかわらず体質的に豆乳が飲めないので、油条オンリーでもそもそと食べていました。お粥くらいあったらよかったのだけど、見た限りでは多分なかった。

 

中国を感じたい人はぜひぜひ。