中国語暦四年目の上海留学

2017/2-2018/1復旦大学文化社会班。中国とわたしのあれこれ

ひみは食を以って留学と為す

今日は某食品メーカーの上海支社で働いている知り合いの日本人の方と、その同僚の方たちに夜ご飯をごちそうになりました。

私がまだ上海に慣れてないため、わざわざ虹橋のほうからこんな辺鄙なところまで来てくださいました…

こんなとこにミシュラン一つ星のシンガポールレストランがあったらしく、そこでご飯を食べました。
f:id:rishizi:20170303232957j:image

店内も結構混んでて華金は中国にも顕在するのだと実感。日本では金土はだいたい決まってアルバイトをしてサービスを提供する側だったので、こちらでサービスを受ける側で居続けられるのは素晴らしい環境です。


f:id:rishizi:20170303233353j:image


f:id:rishizi:20170303233007j:image

シンガポール料理はわりとあっさりした味付けが多く、最近は皆同じ味に思えてきた食堂のご飯や屋台のポリタンクに入った油を大量に使った炒飯ばかり食べて暮らしているわたしには天国とも思われる一時でした。

シンガポールのビールもおいしかった。久しぶりにお酒を飲みました。

中でもお魚はスープまでお魚の出汁がきいておりとても美味しかったです。たぶん学生だけで行けるようなとこではないのですが、また機会があったら行ってみたいです。

 

中国の子どもは日本の子どものようにませてなくてかわいいです。小学校低学年の男女が手を繋ぎながら大声でなにかを楽しそうに歌いながらとっとこ歩いていたので少し幸せな気持ちになりました。

f:id:rishizi:20170303233710j:image

 

大学の構内で学生たちがバスケットボールをしている姿を見る親子。このあとで男の子にガン見されたので微笑み返しました。国籍不明な私の顔がきっとまだ世界をよく知らない彼らにとっては非常に珍しいのでしょう。

中国人の子どもにガン見される率が高いです。だいたいガン見されます。そして微笑みます。
f:id:rishizi:20170303233905j:image

 

ちなみに、こちらに来てもやはりあなた何人ですか、という質問や日本人ぽくないね、両親はどこの方、と聞かれます。日本人です。

 

中国は果物が比較的安く手に入ります。

f:id:rishizi:20170303234216j:image

今はちょうどいちごの季節だそうで寮の横の屋台ではおばちゃんが必死にいちごを売ってきます。私も買わされたのですが大きくて甘くて美味しかったです。
f:id:rishizi:20170303234224j:image

中国ではパイナップルは皮をむかれた状態で売っている。むいてないのもある。
f:id:rishizi:20170303234233j:image

中国に来てから毎食のように民は食を以って天と為すという言葉を実感します。

今のところの自分的ベストフードは、食堂の红烧肉と(罪な時間に食べる)屋台の炒飯です。もう少し高尚な食べ物を見つけていきたいものです。