中国語暦四年目の上海留学

2017/2-2018/1復旦大学文化社会班。中国とわたしのあれこれ

留学中病気になったらどうするのかという話

先週から風邪を引いてて、空気汚染でこじらせたり火鍋を食べたりお酒を飲んだりして、昨日完全に声が出なくなりました。

 

とりあえず昨日、いまさらですがマスクを買いました。
f:id:rishizi:20170322201555j:image

黒いマスクは個人的には中国人っぽいと思ったけど、韓国人も多くつけているようで友人には「韓国人やんけ」とつっこまれました。

 

Wechatのタイムラインで風邪を引いてしまいましたとつぶやいたところ、たくさんの人に病院の行き方を教えてもらったり、中には薬を持ってきてくれた中国人の知り合いまで…

 

・日本の海外旅行保険に入っている場合、保険屋さんに電話をすると日本語対応・キャッシュレスの病院を予約してくれるらしい

復旦大学での留学手続きの際に必ず入る保険がきく病院「グリーンクリニック」https://www.dianping.com/shop/5210231

地址: 仙霞路88号太阳广场东塔西塔1楼(近娄山关路)

电话: 021-62082255

復旦大学構内にも病院があり、激安だそうです http://hospital.fudan.edu.cn/

復旦大学近くの政通路の、一点点のすぐそばに薬局があります

・のどの痛みによく効く薬


f:id:rishizi:20170322200444j:image
f:id:rishizi:20170322200457j:image

昔からある薬で、西瓜をくり抜いて中に蕭衍を入れてスイカの表面に浮いてきた霜を集めたものだそうです

・喝白开水(お湯を飲め)←風邪を引くと中国人に必ず言われることば

 

いろんな方に以上のようなアドバイスをいただきました。本当にありがとうございます。

 

昨日結局、毛先生の在日本北陸取材の時に出会った上海在住のフリーカメラマンが夜11時くらいにわざわざとなりの区からタクシーで薬を届けに来てくれました…
f:id:rishizi:20170322200528j:image

とことん他人に優しくて、人と人との間の壁が低いなあと感じます。身内と赤の他人との違いがはっきりしているともいえると思います。

良薬は口に苦いけれどひととのつながりはあたたかく心地いいものです。

 

週末はインターン先の会社の社員旅行で江蘇省揚州市へ。早く体調を万全にしたいものです。